第1回 BLプレゼン会!

目の前のお友達と話している最中、「いや、ちょっとさー、もう聞いてくれる?」と前置きして、そこから自分の好きなものについてとめどなく話してしまって、なんなら相手にドン引きされたとか、そういう経験ありませんか?私などしょっちゅうですよ。

先日、遠方からあるお客様がいらっしゃいました。彼女は大好きなBL小説を、私もとある小説のことをお互いにたっぷり話したのですが、仕事が終わったその日の夜、ふと思いつきました。

そうだ、BLをテーマにして、好きなものをプレゼンしてもらうイベントを作ったらどうかな、と。

ところで何故BLか、ですよね。私は世の中に 腐女子とかBL(ボーイズラブ)とかそういう言葉が登場する前から、どういうわけか男性と男性の物語に惹かれていました。どうしてそうなのか、ということも子供のころからずっと考え続けているのですが、今もってこれだという答えは出ていません。私にとってはひとつの人生のテーマでもあります。実を言うと「BL」という言葉には私の中で多少の違和感があります。基本的にBLとはなんだろう、とも思います。私は、男性と男性がそこにいる場合に、そこに何らかの関係性を妄想する脳、がBLだと思っています。しかし、その捉え方もきっと人それぞれかもしれません。

それで、いろんな方にBL目線で何かを語ってもらい、それを聞きながらゆっくりと「BL」をとりまく何かについてみんなでお喋りしたりしない?という企画「BLプレゼン会」を行います。

まずは第1回。ということで今回は私のほうからいろんな人に声をかけ、プレゼンターを決めましたが、はっきり言って豪華ですよ!(あ、ちなみに私は前座ね♪)

お茶をしながらいろんな方の熱いプレゼンに耳を傾け、その後みなさんでいろんなお話が出来ればと思っています。ちなみに今後、第2回、第3回と続けていきたいと思っていますので、「私も是非プレゼンしたい!」という方は次回以降、ぜひお願いします!!

「第1回 BLプレゼン会」 観覧者募集!

12月22日(日)午後15時~18時終了予定参加費 1000円(お茶とデザート代金)

《プレゼンター》

野口あや子 「三島由紀夫にその才能を愛された歌人、春日井建」

アヤカタソ ドラマ「ポルノグラファー」

Şarap   映画「君の名前で僕を呼んで」

ゆりこ   「出会ってしまった。BL小説家、凪良ゆうのススメ」

美尾りりこ 「高村薫小説の中の合田雄一郎と加納祐介の件」

観覧ご希望の方は、お名前と参加人数をご明記の上、メールください。 また、最後にフリートークの時間を設けたいと思っていますが、人前で喋るのはどうしても苦手、というかたは、ご予約メールにてお知らせくださいませ。

ご予約 cafematahari@gmail.com

ロジウラのマタハリ春光乍洩

いい音楽といいごはんのカフェ。 名古屋駅西の小さなアジアンカフェです。