孤独と向き合う

お店のホームページ、久々の更新です。

すみませんー、まだ殆どご報告できることはありませんーー。

せめてご報告がもうすぐ出来るといいなあ。

完全に閉店したのが12月20日。そこからまるっと遊んでます(笑)

個人的にやりたいことはほぼやりました。

1つは、昔、演劇をしてましたが、久々に芝居の台本を書こうと思い、秋から構想し、1月に入ってから1本書き上げました。完全なる自己満足です。上演できるといいんだけどなあ。

台本を書くのが2月半ばに終わり、「今度はこの時間のあるうちにせめてタイ語を読めるようになろう」と思い立ち、勉強を始めました。なんとか文字が読めるぐらいにはなりました。

あとは日々近所を1万歩歩き、最近は時々草花を摘み、本を読み、陽が落ちたら好きなドラマを観る。こんな日々がほぼ飽きずに続いています。


店に関してはまん延防止も明け、そろそろ物件を見に行ってます。とは言っても内見した物件はまだ3軒のみ。でもね、やっぱり見に行くといろんな夢が広がります!ここならこんな店にしたい、こんな内装にしたい、そしてこんなことがしたいということを考えていると本当に楽しいです。


先日、ある映画を観た友人から孤独に関するメールが来て、それでいろいろ考えてました。

それは、誰しもがどんな人生を歩んでいても直面せざるを得ない年を取ってからの孤独との向き合い方についてでした。

結局、何を準備しようがどんなふうにそれまで過ごそうが、またはその人がどんな生き方をしていようが、すべては運なのでしょう、年老いた時に自分が孤独の中で生きているか、そうでないかは。

事故や病気や災難に遭うか遭わないか。その時周囲に仲の良い人はいるかいないか。自分の心身が健康であるかそうでないか。その時に気力があるかないか。そういったことでそのときに孤独を感じているか、そうではないのかは左右されるのかもしれません。自分がこの先どうなっているかなんて誰にも分りません。

ただ、今感じたのは、きっと「仕事」は少しでも孤独を感じずに済む手段となるかもしれない、ということです。

仕事によって出会う人、知ること、それはその人を孤独から救ってくれるかもしれない。

私はこれから新しい店を作る。そこで誰かが来るのを待っている。仲のいい人を。好きだなあと思う人を。いろんな人を。それはきっと私が孤独を感じず、幸せに暮らすための手段なのだろうと思う。

そしてそこに来てくれる人が、ここへ来れば誰しもが持つ孤独を少しでも忘れることができる場所になれば、と思う。

そういう場所を作るには、どんな感じの店がいいかなあって毎日考えています。

早く、いいご報告が出来るといいなあー。

そして新しいお店に人が来てくれるといいなあーー。

ロジウラのマタハリ春光乍洩

いい音楽といいごはんのカフェ。 名古屋駅西の小さなアジアンカフェです。