BLOG

いつも明るい声で笑顔で、どんな人にも、どんな気難しい人にでも、ちょっと偏屈で変わり者の人にも、素敵に接する人が私の身近なところにいます。言ってみれば小さなお店に勤めている「おばちゃん」で私よりも年は上の方なのですが昔からとても若く見えてました。いつも笑っているからかな。ほんと、ずっと昔から私にとって理想の人のひとりです。

誰だってそんなふうに明るく優しく分け隔てなく生きたいじゃない? でも何故か現実はそうはいかないのってなんでかな?

別に誰かと積極的に諍うというわけではないのだけど、生活圏内にはたくさんの人がいて、その中でなんとなく挨拶するタイミングが逸してしまい、顔はお互いによく知っているのに話す機会どころかお互いに会釈することもない関係ってありますよね。

うちの店の周囲にはいろんな店が出来ては消えていきます。17年前、私たちは店を開店する前にせめて同じ通りにあるうちよりも古くからあるお店には挨拶に回りました。その後、周囲は様変わりして店も変わっていき飲食店はものすごく増えたけれども、開店の挨拶に来てくれる店は殆どありませんでした。だからこちらから特にお付き合いを深めることもなく、道ですれ違っても会釈することもなく、それらの人も店もただ風景のように目に入る、それだけのことでした。

ところが、あるお店の方が、突然うちのランチにいらっしゃるようになりました。何年か前から近所でお店をやってらっしゃる方でよく見かけるしよくすれ違う方です。けれどその店はオーナーがいてその人に雇われているのか、オーナーから場所だけ借りて自分の裁量でやってるのか、どんなメニューの店でどんな客層なのか、ご近所なのに私たちはさっぱり知りません。そんな方が突然いらっしゃって、正直驚きました。そして私は失礼のないようにとだけは思いつつ、オーダーを取り料理をお出ししお金を頂く際のただただ最低限の言葉を発するのみで、それ以上の世間話をすることもないままでした。しかしその方は1ヶ月前にいらっしゃって以来、かなり頻繁にランチにいらっしゃるようになりました。

それで昨日の朝、店に向かう車の中で私は思いました。

私って結構、頑なだし、狭いよなあって。

頭の中で私が理想としてる女性の顔が浮かんでいました。あの人だったらとっくに明るい声で世間話をして、それにつられて相手も楽しげな顔になってるなあって。よし、と思いました。自分の頑なな心をもう少しやわらかくしよう、と。

そう思ってたらですよ、昨日のお昼もその男性はやってきて、しかもその人から急に話を振ってきました。「今、前の映画館でやってる映画でおすすめのものってありますか?」と。

そうそう、近所の同業者と何か話そうと思っても話題探しが難しいんですよ。どこかの店や誰かの悪口やいろんな愚痴で盛り上がるのはいやなので、それ以外のことで共通の糸口を探すのがなかなか難しいのです。けれどもそれが好きなものの話だったら、いくらでも会話って広がっていくんですよね。そして私は意識して、自分の中の心を覆っている固い殻に熱いオイルを少しずつ垂らすような感じでやわらかく溶かしていくことを心がけました。

そうしたら、あれ、なんだかいい感じじゃん?

私、何を警戒してたんだっけ。

そんな気持ちになりました。

そして、なんだろう、すごく気持ちが軽くなってる!

自分の生きていく時間の中にある、硬くなっている時間を、少しずつ溶かしていけたらなあとそんなことを思っています。






『おっさんずラブ』が始まる前からずっと私は脳内会議をしてます。

勿論、それは始まって毎週観ていても、です。

何人かの方は始まる前から「楽しみだわ」とおっしゃってたが私はちょっと慎重にしていました。なぜなら私の大切な友達の何人かはゲイやレズビアンやバイセクシュアルや、そしてアセクシュアルの方もいて、そしてうちの店にいらっしゃるお客様たちも性的マイノリティの方が多くいらっしゃいます。

『おっさんずラブ』で描かれるのはゲイの、というより、男を好きになった男の話であり男から好きだといわれた男の話。それが、私の友達が、知ってる人が、不快になるような、傷つくような、そんなドラマだったらすごくいやだなと思ってたのです。

けれど、ちょっとそんなふうにして距離を置きながら観た1回目、ちょっと私はにやにやしながら観てる自分に気が付きました。

2回目から、いろいろと言いたい事もあるけれども、そしてまだ判断は下せないけど、結構このドラマを私は楽しみにしているなと思いました。

そしてずっと脳内会議です。あれこれと。

でもいよいよ明日が最終回。思ってもいなかった、もう最終回。

ここに来てみんなと『おっさんずラブ』の話がしたい!!と、すっごく思っています。

マタハリ10周年のときに結成したバンド「マタハリ!オールスターズ」のドラマー、佐藤正治さんのソロライブです!ヒカシューやMASSAでの活躍でも知られています。

佐藤正治さんは静岡県、三島市出身のアーティスト。 10代後半にプログレッシブ・ロック・バンドの美狂乱を結成。20代の頃にAdiを主宰。

Drum、Djambe、数々の打楽器、声を駆使し、「地球の音」「人間の音」を追い続けています。

シドニーオリンピック新体操日本代表の作編曲、2016年放送NHKスペシャル「大アマゾン最後の秘境」他、作曲家、音楽プロデューサーとしてCD制作やアーティストへの楽曲提供、映画音楽なども手がけ、数々のCM音楽作品もあるとのことです。

ソロライブでは、様々な打楽器と声を使い、とてものびやかで楽しく、そしてちょっと不思議な音の空間を楽しめます。

ぜひぜひお待ちしております。


佐藤正治 旅 -2018 夏-

【出演】佐藤正治(Per. Gtr. Vo. Voice 他)

【会場】名古屋 cafe ロジウラのマタハリ春光乍洩

【住所】名古屋市中村区椿町9-21 椿ビル1F

【電話】052-451-8533

【時間】開場 18:00 開演 19:00

【料金】¥3000(1ドリンク付き)

【予約】cafe ロジウラのマタハリ春光乍洩 

☎︎ 052-451-8533

✉️cafematahari@gmail.com


お待たせしました!

1年と1ヶ月ぶりの滝本晃司さんのソロライブです。

あっという間に満席ですから、ご予約はお早めにね!

EMAIL cafematahari@gmail.com まで、

お名前・人数・緊急ご連絡先を明記の上、メールくださいね。

当日は850円でお食事もご用意しておりますので、是非どうぞ。

■ 6月24日(日)

滝本晃司ソロライブ 「路地裏の歌」

開場 17:30 開演 18:30

チャージ 3500円(1ドリンク付)

場所 cafeロジウラのマタハリ春光乍洩

名古屋市中村区椿町9-21 椿ビル(旧・真弓ビル)1F


店を続けていけば行くほど、いや店に限ったことではなく生きている時間が長くなればなるほど、自分の周りで鬼籍に入っていく方が増えていきます。

お店で、そういった方の話を聞く機会も増えていきます。

昨日はそんな日でした。

亡くなった方の話は大抵がいい思い出話ばかりだけれど、昨日話に上った方たちは亡くなったからということではなく、生きているうちからすごいなあとリスペクトしてた女性でした。

おひとりは2014年に亡くなった瀬辺千尋さんのこと。瀬辺さんのパートナー、加藤智宏さんがまた瀬辺さんが残した台本をベースに芝居を作るという話を伺いました。瀬辺さんはずっとBAR プリシラも営業しつつ、よくもそんなに台本も書き、演劇に携わってたなあと本当に驚きます。割と早い時期から「劇団」という集団から抜けて1回の公演ごとの自身のユニットを立ち上げたり劇作をしたりされていたと思うのですが、ソロ活動でこんな風に長いこと芝居に携わって人はそんなに多くないんです。たくさんの人がある人生の時代を芝居に関わり、そして過ぎていく中、瀬辺さんはすごいなあ、なんて私は思うんですよ。


さて昨夜は先日亡くなった本田薫さん、honちゃんの仕事の後輩だった方で、彼女をよく知る方がマタハリに訪ねてきてくれました。そしてhonちゃんの話をいろいろと伺う事が出来ました。


瀬辺さんのこととか、honちゃんのこととか。彼女たちは亡くなるギリギリまでずっと「この先」のことを考えながら好きなことをやってたように思います。

ふたりとも、勿論生きていればその時間の分だけいろんなことをやっていたんでしょうけど、残念ながら彼女たちは亡くなって、彼女たちの生きていた時間はそこで途切れてしまったわけですが、まるで金太郎飴みたいに、どこを切っても、そして最後のところまで、笑顔とか、希望とか、好きなこととか、そういうのでいっぱいで、それは他人だからそう見えるのであってもしかしたら本人は無念だったかもしれないけれども、でも本当にどこを切ってもそこに一日を目いっぱい生きていたあなたの顔、そんなふうに思うのです。


今はただ、私も少しでもそんな風に生きていければなと思っています。


さて。今日も一日、いい日でありますように!

マタハリでお待ちしております。

マタハリのゴールデンウィークには毎年「魔」が潜んでいます。

何故かびっくりするぐらい、お店を開けたことを後悔するぐらい暇な一日がやってくるのです。うちではそれを「魔の一日」と呼んでいます。

今年はそれが先日の5月2日の雨の日かなあ。とにかく暇だった!もしや開店以来歴代の暇な日になるのではと思うほどの暇な一日でした。

そういう日があるととてもションボリしてしまうもので、昨日の5月3日もなんだか心配になってしまうのです。しかし昨日はランチタイムの出足は遅かったものの1時過ぎぐらいからは忙しくなり「今日のごはん」も「タイカレー」も完売に。ありがとうございます。

夜もいい夜でした。ずっと以前良くいらっしゃってた方がこどもさん連れで久々に来てくださって、お友達と昔話に興じているのが聞こえたり。

アルゼンチン音楽や文化に造詣が深く、様々な南米音楽を紹介している西村さん・谷本さんご夫妻が、ハーモニカでバンドネオン・パートを演奏するというジョー・パワーズさんとタンゴ・ピアニスト青木菜穂子さんとご一緒に来てくださいました。ええー!ハーモニカでタンゴ!!すっごく面白そう・・・!!昨日・おとといと愛知・三重でのライブだったそうです。


明日、土曜日の夜からはシネマスコーレの坪井くんと白石晃司監督の共同プロデュースによる、白石監督作品「恋のクレイジーロード」ですね。

youtu.be/fAO9pepu-n4

この予告編観ると、うわこれもう絶対観ないかんやつや!!って思いますよね!ね!

私はゴールデンウィーク明けに観る予定でして残念ながら舞台挨拶の日は行けないのですが、皆さん、楽しんできてくださいね。

なお、「恋のクレイジーロード」上映は来週は19時から。

はーい皆さん、映画の前にマタハリでごはんですよーー。

マタハリでは17時以降はスコーレ整理券ご提示で200円引きしますからね。(1000円以上後利用の場合)

また、お飲み物だけのお客様も、ご希望の方にちょっとだけ小腹を満たすフードをお付けしますよ。

整理券を必ずご提示くださいね。

映画の前に、マタハリにレッツラゴーや!!

昨日5月1日は火曜日なので定休日。

朝から一生懸命洗濯して掃除してプランターにパクチーと可愛い花を植え、そして夕方にはシネマスコーレで井口監督の「ゴーストスクワッド」を観てきたよ。

映画が終わってビックカメラに買い物に行きました。

私たちは普段お店の中にばかりいるので夜8時頃の名古屋駅西の風景をあまり見ることはありません。昔に比べて本当に飲食店ばかり・・・。昔はビックカメラは「生活創庫」という名のアピタだったし、ミニストップはなかったし、大型カフェは業務系のスーパーだったし、昆布や豆を売ってた店も、餅や和菓子を売ってた店も、駄菓子や花嫁菓子の卸屋さんも、八百屋さんも、みんなみんな飲食店に変わって、この季節はどこも扉を開け放ってて、そして賑わっている! 道路にはお店を物色してそぞろ歩く人! そしてすごくたくさんのキャッチと呼ばれる客引きの人。

うわあああああ、こういう流れの中で、みんなそれぞれ行こうとしている店にたどり着いたり、キャッチにつかまったり、してるんだなあ。そしてこういう流れを歩きながら、何人かの人たちがうちの店まで来てくれてるんだなあ・・・。

久々に近所を歩くと、いつもそのことにびっくりします。

今日はゴールデンウィークの真ん中辺り。そして雨です。

駅から歩いて3分ほどですが、のんびりしたいと思う方が、うちの店のことを居心地がいいと思ってくださる方が、来てくださるといいなあ。

4月30日のマタハリのゴールデンウィークの風景。

その日の夜はFRETLAND(鬼怒無月・ 有田純弘・ 竹中俊二)のライブでした。

セッティングのために15時30分にいらっしゃった3人。そのとき鬼怒無月さんが「実は本田薫さんが亡くなったそうなんですよ。今日のお昼、告別式でした。僕は小峰公子さんから情報を得たんで、さっき、お焼香だけでもと思って告別式に行ってきました」とおっしゃっいました。そう聞いた瞬間、「ああっ」とか「まさか」とか「でもそうか」とかいろんな短い感情が一気に押し寄せ、これからライブだというのにしばらく涙が止まりませんでした。

本田薫さん、honちゃんと知り合ったきっかけは1998年頃、ある音楽ファンの方のサイトの中の掲示板で。当時honちゃんは名古屋のライブハウス・HeartLandに勤めてらっしゃいました。私たちはまだお店をやってなく、レスリー・チャンと音楽と巨木とマンガについて書いたサイトを持っていたのですが、彼女の興味はそのすべてと重なっていて、それで仲良くなりました。

私たちが2001年にこのcafeロジウラのマタハリを開いてからも、仕事で忙しい生活の中、バイクでうちに来てくれました。

あるとき、私は思ったことがあります。

ミュージシャンと聴き手がいて、でもそれだけではライブは行えない。

それを開く場所が要る。そしてその場所とミュージシャンを繋ぐ人も要る。

私たちはその場所になろう。honちゃんはミュージシャンと場所を繋ぐ人だ。

そのすべてがあって、いろんな場所に音楽は奏でられていくのだなと思ったのです。

来月はマタハリでは佐藤芳明さんのソロライブがありますが、そういえば2006年の芳明さんのライブの初回のとき、honちゃんがガレージシャンションショーの音源を聴かせてくれたのでした。すっごくいいから聞いて!と。honちゃんがたくさんのお客さんも呼んでくれました。

ZABADAKの音源を聞かせてくれたのもhonちゃんだったなあ。あれはマタハリで吉良さんのソロライブを行う少し前のことだったかなあ。それから「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」の宣伝にも来てくれて、確かその時に白崎映美さんも連れてきてくださったんでした。

それから、サエキけんぞうさんをマタハリに連れてきてくれたんだった! すっごく嬉しかったなあ!あれ以来、サエキさんは何度かマタハリに寄ってくれました。

honちゃんは、昔からずっといつも笑顔で、ちょっと周囲が心配になるほどいっぱい働いてて、でも元気で楽しそうで、そしていろんな人をあちこちにいっぱい繋ぐ人でした。ガンになって闘病してたことは知ってましたが・・・

でもね、今またhonちゃんのFACEBOOK辿ってて思ったんだけど、

honちゃんのように私も生きたいよ!

ずっとずっと、明るくって元気でいろんなことをしててそのどれも楽しそうで!

そうとしか思えない。昔も今も、honちゃんのことずっと尊敬してるし、好きだよ!


夜は、FRETLANDのライブ。

ここにもずっとずっと、いつまでもギターを愛し、どこまでもたゆまぬ練習を重ねる男たち3人。

思うのは、命は期限があるというということ。

期限は絶対に来てしまうのだから、好きなことを楽しむこと、それがいっちばん大事なことなんだって、そんなことばかり感じてた一日でした。



昨日、4月29日のマタハリのゴールデンウィークの風景

お昼は28日に比べてとても緩やかでした。いつもの私の古くからの友達ともゆっくりお喋りできるほどの。

そこへひとりの可愛い女の子がやってきました。手にしてる本は新潮文庫版の三島由紀夫「近代能楽集」。随分経ってからお友達の方がいらっしゃって、その話の中の単語が時折入ってきて、あらこの子はもしかしたら私が昔から少し知ってる映画やお芝居が好きでそっちの世界に入ってった子だったかしら?と思いました。私は本当に本当に人の顔を見分けたり覚えたりすることが苦手なのです。さらに『ああこの子達はきっとこれから、井口昇監督の映画を観にいくのだな』と思っていました。

そう聞かなくて、本当に本当に本当に良かったです。

なぜならその彼女は「ノーメイクス」のメンバー、井口昇監督の新作「ゴースト・スクワッド」にも出演している女優アイドルさんだったからです・・・! しかもその彼女は28日夜にも井口監督たちと一緒にうちに来てくれてるのに・・・・なんでわからないか私・・・・!!

その後、彼女はうちでゆっくりお茶をしていかれて、夕方前に一度出て行かれました。その日はシネマスコーレでノーメイクス・ミニライブ。それで皆さん衣裳に着替えて、そしてまたマタハリに来てくれました。

マタハリのカウンターにずらりと並んだ女優アイドル、ノーメイクスの女の子たち!!

考えたらアイドルの人とわずか1m以内の至近距離でこんなに長い時間いるのって私にとっては初めてのことですよ!!そしてですね、彼女たちの話が耳に入ってくるうちに、すっかり私は彼女たち、ノーメイクスを応援したくなりました!! アイドルの子達にこんな言い方はどうかとも思うけど、ほんといい子達です。そして私の推しはなんといっても昨日、うちで一番長い時間過ごしてくれた上埜すみれさんです♥

明日の休みは私もシネマスコーレで「ゴースト・スクワッド」観れるといいな。元々井口昇監督は大好きなのですが、スクリーンの中で活躍してる彼女たちを観たいです。

昨日から始まったGW!

それにしてもうちもこの名古屋市中村区椿町に店を構えて約17年。その間、街は変貌しました。それにつれてうちのGWの風景も変わっていったなあ。

マタハリのランチタイム。現在は大名古屋ビルヂングやKITTE、ゲートタワー、様々な新しいビルが増え、またうちの近所も飲食店が本当にたくさんになり、もううちのランチタイムに行列が出来ることがなくなりました。MAXは4~5年前かなあ。その頃はお昼時には行列が出来てたんですよ。

昨日はちょうどいいぐらいでした。ランチ終了の20分ぐらい前に今日のごはんとタイカレーが完売。

どこも混んでいるお昼時の名駅でゆったりお食事の時間を過ごしたい方は、是非来てくださると嬉しいなあ。

そういえばうちのお昼時は、「1回目のデート」に使う方が多いみたい。落ち着いて、いろんなお喋りしてくださいね。

ランチ後はぼちぼちと。いろんな方たちが本当にゆったりと過ごしてってくださいました。

「夜はアルコールとか、飲めるんですか?」とおっしゃった若い男の子。

「お昼からでもいつでも飲めますよ」と私。昨日のお昼も何人かのお客様が昼ビールを楽しんでいかれました。

「ここ、落ち着くから今度夜に飲みに来たいと思って」とその男の子が言ってくれました。嬉しいーーーー!お待ちしてますねーー。


あと、昨日の夜は、シネマスコーレで昨日から映画を上映している井口昇監督が来てくださいました。ちょうど昨日は井口監督の以前見た大好きな作品について友達とお喋りしていたんです。すっごく嬉しかったです。


夜はとてもまったりと。

ていうか、ここ最近、うちの近辺は平日夜はサラリーマン天国、休日は若い子達の、なんていうか集団の人たちがいっぱい歩いてるんですよね。本当に雰囲気が数年前とはガラリと変わりました。そんな中、うちを見つけてくれる人はいるんだろうか・・・と心細く思ってます。そういう夜に助けてくれるのが長い常連のお客様たち。昨夜は、ずっと長く来てくださる方たちばかりが来てくださって、とても穏やかで良い夜になりました。


さて今日はゴールデンウィーク2日目。どんな一日になるかしら。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

いちごを使ったデザートメニュー、GWいっぱいの予定です。

白玉といちごのアジアンスイーツ

こちらは茹でたての白玉とタピオカ、そして新鮮ないちごにココナッツミルクをかけたデザートです。単品で500円ですが、お得なデザート&ティセット880円がおすすめです。

本場の中国紅茶を使用しているライチ紅茶か、アイスダージリンティのどちらかをお選びください。

また、フレッシュイチゴジュースもおすすめです。

凍らせたいちごと牛乳、練乳をミキサーして作りました。こちらは630円です。

ゴールデンウイーク、皆様のご来店をお待ちしております!

ゴールデンウイークのお知らせです

ロジウラのマタハリ春光乍洩

GWの営業について

マタハリの2018年のゴールデンウィークはこんな感じです~~。

4月29日(日・祝) 11:30~21:00

4月30日(月・祝) 11:30~15:00 夜は「FretLand」のライブ

5月1日(火) 休日

5月2日(水) 11:30~15:00 17:00~22:00

5月3日~6日(木~日) 11:30~21:00


休日は5月1日のみです。

閉店時間がGW後半は日・祝営業で早くなりますのでお気をつけください。

http://www.cafematahari.com/posts/3998418