りりこ*cafeロジウラのマタハリ春光乍

記事一覧(27)

7月8日(日)佐藤正治ソロ

金太郎飴のような人生

店を続けていけば行くほど、いや店に限ったことではなく生きている時間が長くなればなるほど、自分の周りで鬼籍に入っていく方が増えていきます。お店で、そういった方の話を聞く機会も増えていきます。昨日はそんな日でした。亡くなった方の話は大抵がいい思い出話ばかりだけれど、昨日話に上った方たちは亡くなったからということではなく、生きているうちからすごいなあとリスペクトしてた女性でした。おひとりは2014年に亡くなった瀬辺千尋さんのこと。瀬辺さんのパートナー、加藤智宏さんがまた瀬辺さんが残した台本をベースに芝居を作るという話を伺いました。瀬辺さんはずっとBAR プリシラも営業しつつ、よくもそんなに台本も書き、演劇に携わってたなあと本当に驚きます。割と早い時期から「劇団」という集団から抜けて1回の公演ごとの自身のユニットを立ち上げたり劇作をしたりされていたと思うのですが、ソロ活動でこんな風に長いこと芝居に携わって人はそんなに多くないんです。たくさんの人がある人生の時代を芝居に関わり、そして過ぎていく中、瀬辺さんはすごいなあ、なんて私は思うんですよ。さて昨夜は先日亡くなった本田薫さん、honちゃんの仕事の後輩だった方で、彼女をよく知る方がマタハリに訪ねてきてくれました。そしてhonちゃんの話をいろいろと伺う事が出来ました。瀬辺さんのこととか、honちゃんのこととか。彼女たちは亡くなるギリギリまでずっと「この先」のことを考えながら好きなことをやってたように思います。ふたりとも、勿論生きていればその時間の分だけいろんなことをやっていたんでしょうけど、残念ながら彼女たちは亡くなって、彼女たちの生きていた時間はそこで途切れてしまったわけですが、まるで金太郎飴みたいに、どこを切っても、そして最後のところまで、笑顔とか、希望とか、好きなこととか、そういうのでいっぱいで、それは他人だからそう見えるのであってもしかしたら本人は無念だったかもしれないけれども、でも本当にどこを切ってもそこに一日を目いっぱい生きていたあなたの顔、そんなふうに思うのです。今はただ、私も少しでもそんな風に生きていければなと思っています。さて。今日も一日、いい日でありますように!マタハリでお待ちしております。

ゴールデンウィークの風景⑤ 明日から『恋のクレイジーロード』!

マタハリのゴールデンウィークには毎年「魔」が潜んでいます。何故かびっくりするぐらい、お店を開けたことを後悔するぐらい暇な一日がやってくるのです。うちではそれを「魔の一日」と呼んでいます。今年はそれが先日の5月2日の雨の日かなあ。とにかく暇だった!もしや開店以来歴代の暇な日になるのではと思うほどの暇な一日でした。そういう日があるととてもションボリしてしまうもので、昨日の5月3日もなんだか心配になってしまうのです。しかし昨日はランチタイムの出足は遅かったものの1時過ぎぐらいからは忙しくなり「今日のごはん」も「タイカレー」も完売に。ありがとうございます。夜もいい夜でした。ずっと以前良くいらっしゃってた方がこどもさん連れで久々に来てくださって、お友達と昔話に興じているのが聞こえたり。アルゼンチン音楽や文化に造詣が深く、様々な南米音楽を紹介している西村さん・谷本さんご夫妻が、ハーモニカでバンドネオン・パートを演奏するというジョー・パワーズさんとタンゴ・ピアニスト青木菜穂子さんとご一緒に来てくださいました。ええー!ハーモニカでタンゴ!!すっごく面白そう・・・!!昨日・おとといと愛知・三重でのライブだったそうです。明日、土曜日の夜からはシネマスコーレの坪井くんと白石晃司監督の共同プロデュースによる、白石監督作品「恋のクレイジーロード」ですね。youtu.be/fAO9pepu-n4 この予告編観ると、うわこれもう絶対観ないかんやつや!!って思いますよね!ね!私はゴールデンウィーク明けに観る予定でして残念ながら舞台挨拶の日は行けないのですが、皆さん、楽しんできてくださいね。なお、「恋のクレイジーロード」上映は来週は19時から。はーい皆さん、映画の前にマタハリでごはんですよーー。マタハリでは17時以降はスコーレ整理券ご提示で200円引きしますからね。(1000円以上後利用の場合)また、お飲み物だけのお客様も、ご希望の方にちょっとだけ小腹を満たすフードをお付けしますよ。整理券を必ずご提示くださいね。映画の前に、マタハリにレッツラゴーや!!

ゴールデンウィークの風景④ 名古屋駅西

昨日5月1日は火曜日なので定休日。朝から一生懸命洗濯して掃除してプランターにパクチーと可愛い花を植え、そして夕方にはシネマスコーレで井口監督の「ゴーストスクワッド」を観てきたよ。映画が終わってビックカメラに買い物に行きました。私たちは普段お店の中にばかりいるので夜8時頃の名古屋駅西の風景をあまり見ることはありません。昔に比べて本当に飲食店ばかり・・・。昔はビックカメラは「生活創庫」という名のアピタだったし、ミニストップはなかったし、大型カフェは業務系のスーパーだったし、昆布や豆を売ってた店も、餅や和菓子を売ってた店も、駄菓子や花嫁菓子の卸屋さんも、八百屋さんも、みんなみんな飲食店に変わって、この季節はどこも扉を開け放ってて、そして賑わっている! 道路にはお店を物色してそぞろ歩く人! そしてすごくたくさんのキャッチと呼ばれる客引きの人。うわあああああ、こういう流れの中で、みんなそれぞれ行こうとしている店にたどり着いたり、キャッチにつかまったり、してるんだなあ。そしてこういう流れを歩きながら、何人かの人たちがうちの店まで来てくれてるんだなあ・・・。久々に近所を歩くと、いつもそのことにびっくりします。今日はゴールデンウィークの真ん中辺り。そして雨です。駅から歩いて3分ほどですが、のんびりしたいと思う方が、うちの店のことを居心地がいいと思ってくださる方が、来てくださるといいなあ。

ゴールデンウィークの風景③ honちゃんのこととFRETLANDのライブと

4月30日のマタハリのゴールデンウィークの風景。その日の夜はFRETLAND(鬼怒無月・ 有田純弘・ 竹中俊二)のライブでした。セッティングのために15時30分にいらっしゃった3人。そのとき鬼怒無月さんが「実は本田薫さんが亡くなったそうなんですよ。今日のお昼、告別式でした。僕は小峰公子さんから情報を得たんで、さっき、お焼香だけでもと思って告別式に行ってきました」とおっしゃっいました。そう聞いた瞬間、「ああっ」とか「まさか」とか「でもそうか」とかいろんな短い感情が一気に押し寄せ、これからライブだというのにしばらく涙が止まりませんでした。本田薫さん、honちゃんと知り合ったきっかけは1998年頃、ある音楽ファンの方のサイトの中の掲示板で。当時honちゃんは名古屋のライブハウス・HeartLandに勤めてらっしゃいました。私たちはまだお店をやってなく、レスリー・チャンと音楽と巨木とマンガについて書いたサイトを持っていたのですが、彼女の興味はそのすべてと重なっていて、それで仲良くなりました。私たちが2001年にこのcafeロジウラのマタハリを開いてからも、仕事で忙しい生活の中、バイクでうちに来てくれました。あるとき、私は思ったことがあります。ミュージシャンと聴き手がいて、でもそれだけではライブは行えない。それを開く場所が要る。そしてその場所とミュージシャンを繋ぐ人も要る。私たちはその場所になろう。honちゃんはミュージシャンと場所を繋ぐ人だ。そのすべてがあって、いろんな場所に音楽は奏でられていくのだなと思ったのです。来月はマタハリでは佐藤芳明さんのソロライブがありますが、そういえば2006年の芳明さんのライブの初回のとき、honちゃんがガレージシャンションショーの音源を聴かせてくれたのでした。すっごくいいから聞いて!と。honちゃんがたくさんのお客さんも呼んでくれました。ZABADAKの音源を聞かせてくれたのもhonちゃんだったなあ。あれはマタハリで吉良さんのソロライブを行う少し前のことだったかなあ。それから「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」の宣伝にも来てくれて、確かその時に白崎映美さんも連れてきてくださったんでした。それから、サエキけんぞうさんをマタハリに連れてきてくれたんだった! すっごく嬉しかったなあ!あれ以来、サエキさんは何度かマタハリに寄ってくれました。honちゃんは、昔からずっといつも笑顔で、ちょっと周囲が心配になるほどいっぱい働いてて、でも元気で楽しそうで、そしていろんな人をあちこちにいっぱい繋ぐ人でした。ガンになって闘病してたことは知ってましたが・・・でもね、今またhonちゃんのFACEBOOK辿ってて思ったんだけど、honちゃんのように私も生きたいよ!ずっとずっと、明るくって元気でいろんなことをしててそのどれも楽しそうで!そうとしか思えない。昔も今も、honちゃんのことずっと尊敬してるし、好きだよ!夜は、FRETLANDのライブ。ここにもずっとずっと、いつまでもギターを愛し、どこまでもたゆまぬ練習を重ねる男たち3人。思うのは、命は期限があるというということ。期限は絶対に来てしまうのだから、好きなことを楽しむこと、それがいっちばん大事なことなんだって、そんなことばかり感じてた一日でした。

ゴールデンウィークの風景② ノーメイクス

昨日、4月29日のマタハリのゴールデンウィークの風景お昼は28日に比べてとても緩やかでした。いつもの私の古くからの友達ともゆっくりお喋りできるほどの。そこへひとりの可愛い女の子がやってきました。手にしてる本は新潮文庫版の三島由紀夫「近代能楽集」。随分経ってからお友達の方がいらっしゃって、その話の中の単語が時折入ってきて、あらこの子はもしかしたら私が昔から少し知ってる映画やお芝居が好きでそっちの世界に入ってった子だったかしら?と思いました。私は本当に本当に人の顔を見分けたり覚えたりすることが苦手なのです。さらに『ああこの子達はきっとこれから、井口昇監督の映画を観にいくのだな』と思っていました。そう聞かなくて、本当に本当に本当に良かったです。なぜならその彼女は「ノーメイクス」のメンバー、井口昇監督の新作「ゴースト・スクワッド」にも出演している女優アイドルさんだったからです・・・! しかもその彼女は28日夜にも井口監督たちと一緒にうちに来てくれてるのに・・・・なんでわからないか私・・・・!!その後、彼女はうちでゆっくりお茶をしていかれて、夕方前に一度出て行かれました。その日はシネマスコーレでノーメイクス・ミニライブ。それで皆さん衣裳に着替えて、そしてまたマタハリに来てくれました。マタハリのカウンターにずらりと並んだ女優アイドル、ノーメイクスの女の子たち!!考えたらアイドルの人とわずか1m以内の至近距離でこんなに長い時間いるのって私にとっては初めてのことですよ!!そしてですね、彼女たちの話が耳に入ってくるうちに、すっかり私は彼女たち、ノーメイクスを応援したくなりました!! アイドルの子達にこんな言い方はどうかとも思うけど、ほんといい子達です。そして私の推しはなんといっても昨日、うちで一番長い時間過ごしてくれた上埜すみれさんです♥明日の休みは私もシネマスコーレで「ゴースト・スクワッド」観れるといいな。元々井口昇監督は大好きなのですが、スクリーンの中で活躍してる彼女たちを観たいです。

ゴールデンウィークの風景

昨日から始まったGW!それにしてもうちもこの名古屋市中村区椿町に店を構えて約17年。その間、街は変貌しました。それにつれてうちのGWの風景も変わっていったなあ。マタハリのランチタイム。現在は大名古屋ビルヂングやKITTE、ゲートタワー、様々な新しいビルが増え、またうちの近所も飲食店が本当にたくさんになり、もううちのランチタイムに行列が出来ることがなくなりました。MAXは4~5年前かなあ。その頃はお昼時には行列が出来てたんですよ。昨日はちょうどいいぐらいでした。ランチ終了の20分ぐらい前に今日のごはんとタイカレーが完売。どこも混んでいるお昼時の名駅でゆったりお食事の時間を過ごしたい方は、是非来てくださると嬉しいなあ。そういえばうちのお昼時は、「1回目のデート」に使う方が多いみたい。落ち着いて、いろんなお喋りしてくださいね。ランチ後はぼちぼちと。いろんな方たちが本当にゆったりと過ごしてってくださいました。「夜はアルコールとか、飲めるんですか?」とおっしゃった若い男の子。「お昼からでもいつでも飲めますよ」と私。昨日のお昼も何人かのお客様が昼ビールを楽しんでいかれました。「ここ、落ち着くから今度夜に飲みに来たいと思って」とその男の子が言ってくれました。嬉しいーーーー!お待ちしてますねーー。あと、昨日の夜は、シネマスコーレで昨日から映画を上映している井口昇監督が来てくださいました。ちょうど昨日は井口監督の以前見た大好きな作品について友達とお喋りしていたんです。すっごく嬉しかったです。夜はとてもまったりと。ていうか、ここ最近、うちの近辺は平日夜はサラリーマン天国、休日は若い子達の、なんていうか集団の人たちがいっぱい歩いてるんですよね。本当に雰囲気が数年前とはガラリと変わりました。そんな中、うちを見つけてくれる人はいるんだろうか・・・と心細く思ってます。そういう夜に助けてくれるのが長い常連のお客様たち。昨夜は、ずっと長く来てくださる方たちばかりが来てくださって、とても穏やかで良い夜になりました。さて今日はゴールデンウィーク2日目。どんな一日になるかしら。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

「トレーニングについて考えている」~お客様との会話より

先日のお休みは武田と朝11時から午後3時までの遠足と言う名のロングウォーキングをしました。18000歩でした。 途中、公園のベンチでお弁当。そこへ散歩の老人男性(多分70代)が遊具のそばを通りかかり、やおら懸垂を始めました。5回ほど懸垂してまたどこかへ歩いていきました。
その男性が去った後、「よし、あんたもやってみてよ」と武田に言うと「雲梯(うんてい)は出来ないけど懸垂ならできるよー」ととことこ歩いてって遊具にぶら下がったまま5秒。ニコニコしながらとことこ戻ってきます。 「おいおい、笑いは取らなくていいから早く懸垂5回な」 「出来ん。懸垂も雲梯も全然出来ん!」 映画を観るとなんとなく自分も出来るように思っていた、「屋上まで追い詰められてビルのへりのところに指だけでつかまったまま逃げる」や「ヘリコプターから垂らした縄梯子に飛び乗って逃げる」、あれは今の筋力では出来んねえ、という話をしました。

さて最近、筋肉とかトレーニングについてよく考えています。
ダイエット的な話だけではなくて。
年齢的に様々な「筋肉」についてよく考えるのです。 先日、常連のお客様が「スーパーでの買い物を5分以内でする」ということを時折自分に課しているとおっしゃいました。
時間短縮とかそういうためではなく、だらだらと迷い続ける習慣をなくしてスピーディに決断をするトレーニングだそうです。
日々、スーパーであれにしようかこれにしようか迷うことで、なかなか決断できない習慣を蓄積してしまうそうです。それでスーパーで「今日はすべてをパッと決めて買うのを5分以内で行おう」ということをしているとのことでした。
実は私も「早くやる」ことについてちょうど考えていたところでした。
私はなるべくお客様が聞き取りやすいようにゆっくり話すことや、お客様が落ち着けるようにどんなに忙しくともバタバタせず、すべてにおいてゆっくり動こうと思っています。うちの店としてはそれはいいと思うのですが、私の年齢だと今度は急ぐべきときにスピーディに動けなくなるのでは?と急に思ったのです。
速いスピードで話すことには舌や口周りの筋肉と脳内の反射神経が必要です。
速く行動することも様々な体の筋肉と思考の反射神経や決断力や応用性が必要です。別に早くやることが、またはいつでもすぐに決断できることが何においてもよい、というわけではないのですが、そういうのって年を取っていくに従って日常の中で意識的にトレーニングしていかないとどんどんと退化するなあと最近感じています。それで、一日の中で速く動いて作業を早く終わらせる時間を意識的に作ろうかなあと思っているところです。 若いときってこんなことを本当に考えなくてもよかったけど、50代を越えると、いろんなトレーニングの必要性を感じちゃうよ。